ドラマ「MARS~ただ、君を愛してる~」のエンディングがどうなるか
とても興味のあるところではないでしょうか?

少なくとも原作の結末を知ることで、
遠からずとも予測が出来るかもしれません。

 

そこで原作漫画『MARS』のあらすじと結末のネタバレです。

内向的な少女キラは、
同じクラスになったオートバイレーサーの零と知り合う。

最初は彼を非常識だと嫌っていたが、
次第にその無邪気さに魅かれ、
キラは零と自然につき合い始める。

友人の木田や晴美にも支えられ、順調に交際を続ける2人。

やがてキラは、零の双子の弟・聖が2年前に自殺し、
その現場に居合わせた零が心理的治療を受けていたことを知る。

そんな2人の前に、零のかつての恋人・しおりが現れ、
今でも零が好きだと言い彼につきまとう。

中学時代、しおりは聖とつき合っていて、
その後零が奪ってつき合い始めたことから、
自殺直後はそれが原因だと噂されていた。

しかし零は、聖の自殺の原因は、
自分たちの出生の秘密を聖に教えたせいだと
キラに打ち明ける。

零はしおりに元には戻らないことを告げ、
キラと共に居ることを選ぶ。

高校3年生になったキラと零は、
新入生の桐島と知り合う。

彼には、かつて
自分をいじめた先輩を殺した経歴があり、
常識に縛られずキレている自分と零は同類だと言う。

桐島は、そんな零を
キラがつまらなく変えてしまったと怒り、
彼女を殺そうとする。

キラは零に助けられるが、
桐島は別の事件を起こして逮捕され退学処分となる。

桐島の言葉に不安を抱く零。

彼を慰めようとするキラの不審な態度に気づいた零は、
彼女が過去に継父から性的暴行を受けていたことを知る。

母親の病気も重なり、
キラは別居していた継父と再び一緒に暮らし始めるが、
零との関係に過剰に干渉され家出。

零の部屋で同棲生活を始める。

学校に退学届を出し、
自分が働いて暮らしていこうとする零だが、
キラを連れ戻しに来た彼女の継父に暴行を振るう。

未成年の自分達の非力さを悟った零は、
キラを守るために父・崇之に頭を下げ、
事態の収拾を図ってくれるよう頼み、
代わりにレースを止めて
父の言うことを聞くと約束する。

キラと零は崇之と共に暮らし始めるが、
零を想うキラは、
彼に夢を叶えさせるためにレースを続けさせてやってほしいと
崇之に頼む。

実の子ではない零との間に不協和音はあったものの
崇之は零がレーサーになることを認める。
 

これまでの数々の苦難を乗り越え、
ようやく幸せをつかみかけた矢先。

全てが順風満帆に進むかに見えたその時。

桐島牧生(きりしま まきお)、が現れ、
穏やかで丸くなった零をナイフでを刺し、逃亡する。

 

意識不明の重体で病院に運び込まれる零だが・・・。

零重体の知らせを聞き、病院へ駆けつけるキラ。

一刻の予断も許さない危険な状態。

しかし、零は奇跡的に回復。

晴れて2人は夫婦として新しい人生を歩んで行く。

 

ザックリまとめてみたのですが、
テレビドラマでは原作のままに
描写出来ない部分もありそうです。

当然原作との違いは生まれるの承知の上で
どこをどんな風に脚色して行くのかに
興味を移して行こうと思います。