窪田正孝がテコ入れでW主演となり
ドラマ「MARS」の視聴率が深夜帯にも関わらず
前枠1%台より大幅UPして3.1%と好調!

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔君が主演するドラマ「MARS」の前枠は
トリンドル玲奈主演「いつかティファニーで朝食を」でしたが
関東ローカルで深夜帯でおまけに30分もののドラマ。

これで視聴率を取れというのもキツイ話です。

実際に「いつかティファニーで朝食を」
全12話の平均視聴率は1.64%。

1話のドラマ製作費はおおよそ200万円ほどと聞きますので、
ドラマ「MARS」が初回から3.1%の視聴率は
立派なものではないでしょうか?

でも、トリンドル玲奈クラスと出演料が同じ
という訳にもいかないと思うので、
製作費の殆どをW主演の2人に持ってかれてしまい、
なんだか「MARS」はカラオケのPV
の様な仕上がりにも見えてしまいました。

だからこそ、「深夜」「製作費」「宣伝費」などの
コストを削られた3Kドラマであっても
この視聴率は価値があると思うのです。

 

論より証拠に、実際の視聴率とは裏腹に、
ネット上でなんとか視聴できないものかと
情報を検索しているユーザーが多いことにビックリしました。
(検索キーにもよるが最大で100万人以上)

 

ドラマ「MARS~ただ君だけを愛してる~」は
どんなストーリーなんでしょうか?

あらすじ

内向的な少女キラは、
同じクラスになったオートバイレーサーの零と知り合う。

零の双子の弟・聖が2年前に自殺し、
その現場に居合わせた零は刹那的に生きてきた。

またキラは過去に継父から暴行を受けていた。

そんな2人は互いに惹かれ合い付き合い始める。

そこへかつて零の中学の同級生・桐島が転校してくる。

桐島は、かつて先輩を殺した経歴があり、
常識に縛られない零は自分と同類だと言う。

そんな折、キラの母親が倒れ、
別居していた継父と再び一緒に暮すことになるが
零はキラと同棲生活を始めるが
零はキラを連れ戻しに来た彼女の継父に暴行を振るってしまう。

未成年の自分達の非力さを悟った零は、
父・崇之にレースを止めて言うことを聞く代わりに
キラを守るため事態の収拾を図ってくれるよう頼む。

キラと零は崇之と共に暮らし始めるが、
キラは、零の夢を叶えさせるために
レースを続けさせてやってほしいと崇之に頼む。

 

結末

崇之は零がレーサーになることを認め 
全てが順風満帆に進み、零の誕生日に入籍し
ついに結婚することになった2人。

そんな矢先、桐島が現れナイフで零の腹を刺して逃亡。

これまでの数々の苦難を乗り越え、
ようやく幸せをつかみかけた矢先の出来事でした。

意識不明の重体で病院に運び込まれる零。

零重体の知らせを聞き、病院へ駆けつけるキラ・・・。

 

台湾ドラマで「戦神 MARS」というタイトルで
実写化されたこともあるのですが、全20話。

30分深夜ドラマ枠で10話ほどのスペースでどう描き切れるか
とても興味深いところです。