「MARS(マース)~ただ君だけを愛してる~」がついに映画館で上映されましたが、 ネタバレやあらすじ、キャストなど気になる人も多いと思います。

今回は、待望の上映となった、映画「MARS(マース)」キャストと、あらすじや結末のネタバレを書きたいと思います。

これから映画館に足を運ぶ人も是非参考にしてもらえればと思います。

▼『MARS』(マース)ってそもそも何?

今回映画化された『MARS』は映画と同名のタイトルで、
2016年1月24日から全10回で日本テレビと系列局で放送された
深夜ドラマ(土曜日深夜24:55 – 25:25)の続きが描かれます。

映画では、ドラマでは描き切れなかった
衝撃の結末へと向かっていく内容が描かれ、
原作とも違ったエンディングも話題になっています。

しかし、なんと言っても
キスマイの藤ヶ谷太輔くんと窪田正孝くんのBL的キスシーンなどが
大きく取り上げられ話題になってるともいえるでしょう。

そもそも、『MARS』(マース)は、90年代に『別冊フレンド』(講談社)で連載された
惣領冬実による漫画作品で、累計発行部数500万部を超える伝説的作品です。

日テレのドラマ化のはるか前の2004年には
『戰神 MARS』のタイトルで台湾でテレビドラマ化され
日本でも放映されてたんですね。

 

▼『MARS』(マース)の主なキャスト

【樫野零】:藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)
バイク好きで学園のスター的存在。
しかし、弟の死から心に闇を抱え、孤独に生きている。
今が楽しければいいという刹那的な日々を送りながら、
怒りに火がつくと自分では抑えられなくなる激しく凶暴な一面も持つ。
キラと出会い、孤独から解放されていく。

【桐島牧生】:窪田正孝 ※ダブル主演
零の死んだ弟・聖の親友で、狂気を秘めた転校生。
小さい頃からなかなか人に理解されずひとりぼっちだったが、
かつて出会ったころの零の残酷な凶暴性と刹那主義的な生き方に
シンパシーを感じ、今でも強い憧れを抱く。
キラと一緒にいることで零が変わっていくことに深い嫌悪を感じる。

【麻生キラ】:飯豊まりえ
過去のトラウマから心を閉ざし、孤独に生きる女子高生。
零と出会い恋に落ちたことで、次第に心を開いていく。
を描くことが得意で、美術部に所属し、賞に入賞するほどの腕前をもつ。

 

【杉原晴美】:山崎紘菜
かつては零に想いをよせキラに嫉妬するも、
零とキラの固い絆を認めキラの親友となる。

【木田達也】:稲葉友
晴美に密かな恋心を寄せる零の親友。

【樫野聖】:前田公輝
零の双子の弟。
中学時代に零の目の前で命を絶つ。

【桜沢しおり】:福原遥(回想シーン )
零の中学時代の元恋人。
零の弟・聖と付き合っていたが、零に心変わりしてしまう。

【中嶋宏美】:足立梨花
零の元カノ。

 

▼『MARS』(マース)あらすじ

原作は少女漫画の枠を超えているともいえる
衝撃的かつディープな物語で、
究極の心揺さぶる、せつないラブストーリーです。

海で奇跡的に出逢った零とキラ。

過去に心の傷を抱えながら孤独に生きてきた2人は惹かれあい、
恋に落ちる。

そこに、零の死んだ弟・聖の親友、牧生が現れる。

零とキラのよき理解者であるように見えた牧生は、
実は零の持つ秘めた一面
「怒りに火がつくと抑えられない激しい凶暴性」
に強い憧れを抱いていた。

しかし、キラと一緒にいることで
「大切な人を守る真の強さ」
に気付きはじめた零。

牧生は、そんな変わっていく零を許せず、
キラの忌わしい過去を突き止め、2人を引き裂こうとする。

零は心の葛藤に苦しみながらもキラを想うが、
キラは深く傷つき零に触れることさえできなくなる。

しかし、零とキラの親友、晴美や達也の支えもあり、
2人は互いに「たったひとりの存在」であることを感じる。

そんな中、牧生にとっても
「たったひとりの存在」だった零への行き過ぎた想いは、
純粋すぎるがゆえに残酷な愛へと変わり、
零とキラ、そして牧生の運命に衝撃的な結末を引き寄せようとしていた─。

 

▼『MARS』(マース)【あらすじ詳細】

春休みのある日、海辺で絵を描いていた麻生キラ(飯豊まりえ)は、
バイクに乗った青年・樫野 零(藤ヶ谷太輔)に出会う。

男性に慣れていないキラはその場ではぶっきらぼうに応対をするが、
新学期、2人はクラスメートとして再会する。

普段、特定の女子に固執しない零が、
キラには自然と興味を持ち始めていることに、
零に想いを寄せる晴美(山崎紘菜)や親友の達也(稲葉友)は驚く。

キラの絵をきっかけに少しずつ心の距離を縮めていく零とキラ。

しかし零の中学の同級生・桐島牧生(窪田正孝)が転校してきたことを機に
3人の運命は大きく動き始める―。

 

中学の同級生牧生が転校してきたことで突然の再会に驚く零。

牧生はキラと同じ美術部に入部する。

一方、零に想いを寄せる晴美は、
零とキラが日に日に親しくなっていくことが気に入らない。

キラに対する嫌がらせはどんどんエスカレートしていき
、ついに晴美はキラを体育館の裏に呼び出す―。

 

嫉妬心からキラをいじめる晴美に、
牧生(窪田正孝)は「もうやめた方がいい」と忠告する。

晴美も零とキラがお互い強く惹かれあっていることに気づいてはいるが、
なかなか受け入れることができない。

そんなある日、完成したら零にあげると約束していた
キラの大切な絵が何者かに盗まれてしまう。

犯人に気づいた零は、怒りをおさえきれず―。

 

キラの絵を盗作した倉沢(渡辺佑太朗)に暴力をふるった零は停学処分となる。

怒りを抑えきれない自分を見て怯えていたキラの顔が、
零の頭にはずっと残っていた。

「零と付き合うには、彼女は繊細すぎる」

という牧生の忠告を受け止めた零は、
約束の絵を届けに来たキラを海に連れ出し、別れを告げる―。

 

牧生から、零の弟・聖(前田公輝)にまつわる
過去の出来事を聞いたキラは、
何も知らなかった自分を改めて思い知り、
零の支えになれる事はないかと思う。

そんなある日、受賞したキラの絵を零と2人で見に行った帰り道、
突如キラの前にセクハラで失職した英語教師の吉岡(黄川田将也)が現れ―。

 

零は中学の同級生で元恋人のしおり(福原遥)と再会する。

「今でも零のことが好き」

と告白するしおり。

一方、キラも牧生から、零としおり、
そして零の双子の弟・聖との複雑な過去の三角関係を聞き戸惑う。

「しおりとはもう関係ない」

という零に、キラも気にしないようつとめるが
どうしても不安が拭えない。

零もまたしおりを突き放せないでいた。

ある日、再び零の学校にしおりが現れ―。

 

しおりから

「零を私に返して」

と迫られ、さらには

「あなたは聖に似ている」

と言われてますます動揺するキラ。

落ち込むキラを牧生は水族館に誘い出す。

一方零はしおりが現れたことによって
今まで必死に封印しようとしてきた
聖の顔がちらつき混乱する。

しかし、聖の命日、突如過去の記憶が蘇りー。

 

自ら封印していた過去の記憶を取り戻した零。

しおりが追い詰められ
ある行動に出ようとしていることに気づいた零は、
しおりに真実を伝える。

聖のことを一人で背負い続けていた零に、
キラは想いを新たにし、
牧生の制止を振り切り零のもとへ駆けつける。

 

お互いに心が通じ合った零とキラ。

そんな2人の姿を陰からいつも見つめていた牧生。

キラの良き理解者にみえていた牧生だが、
実は転校してくる前からある想いを抱いていた―。

ついに牧生の真実が明かされる!?

 

さて、公開中の映画『MARS~ただ君だけを愛してる~』は
原作の結末で牧生が零を刺してしまい、精神に破たんをきたしていまい
施設に収監される。
零は奇跡的に回復し、父親の許しを得て、キラと結婚する。

その結末を書き変えたのがドラマの続きとなる
映画版『MARS』になると言われています。

映画を見た人なら知っているけれど
ここではほんの少しだけネタバレを言ってしまうと
残酷なBL+キラの純愛ってことになるのでしょうか。