作画・小畑健と大場つぐみがタッグを組んだ漫画の新作「プラチナエンド」。
そんな二人の今までの代表作は「DEATH NOTE」と「バグマン。」でしたが、
「プラチナエンド」もまた面白いんです!

これまでも期待を裏切らないお二人の作品ですが、
今作の「プラチナエンド」がどんな漫画なのか少しネタバレしちゃいます!

まずは発売となったばかりの「プラチナエンド」コミックス1巻です。

 

コミックス1巻

 

1.「プラチナエンド」コミックス1巻ネタバレありのあらすじ

2.「プラチナエンド」コミックス1巻読んでの感想

3..「プラチナエンド」読後感想まとめ

 

▼「プラチナエンド」コミックス1巻ネタバレありのあらすじ

孤独と壮絶な生い立ちの少年・架橋明日(かけはしみらい)
人生に希望を見いだせず、中学の卒業式の足でビルの屋上から飛び降り自殺を図ります。
09P

「幸せになりたかった」とつぶやいて…。

しかし突然現れた可愛い顔をした女の子の天使に助けられます。

死にたかった明日(みらい)は落としてくれ、死なせてくれと何度も言いますが、
天使は「あなたを幸せにするために来たのだから嫌だ」と言います。

天使は彼の全てを知っていました。

彼がなぜ死にたいのかも知っていました。

明日(みらい)の人生は壮絶なものでした。

突然両親と兄弟を事故で失い、
叔母の家に引き取られたものの虐待され、奴隷以下の扱いを受けていたのです。

完璧に心を閉ざし死ぬことしか考えていない明日に
天使は「天使の矢」「翼」を与えました。

「天使の矢」は打った相手が33日間限定で自分のことが好きになる。

「翼」は人間の目に見えない速さで飛ぶことが出来る。

さっそく飛ぶ練習をしてみると、その開放感、自由に少し楽しみを覚える明日。

36P

しかしそこに天使が衝撃の事実を告げるのです。

なんと両親の事故は、叔母達が仕組んだものだったのです!

そこで叔母に「天使の矢」を打ち自分に惚れさせ、本当のことを言わせると、
なんと祖父の財産と保険金目当てに車に細工をし事故に見せかけ殺したというのです。

明日だけ生き残らせ引き取ったのは保険金を受け取るためでした。

54P

思わず「あんたたちが死ねばいいのに」と明日が言うと、
矢を打たれている叔母はなんと自分のことを包丁で刺し、死んでしまいました…

これも矢の効果なのです。

やっと状況を把握した明日は、自分は死んではいけない、
家族のためにも、家族の分にも自分が幸せになりたい!

と強く思うのでした。

天使の名前はナツセ。

ナツセは翼と矢で自由になって幸せになってと言いますが、
明日は使いたがりません。

ナツセは、人間は翼や矢でほしいものを手に入れればそれで喜ぶと思っていて、
“神様”になれば全部自由に使えてもっといいのに…といい始めます。

そう、なんと今地上には13人の神候補の人間がいて、
それぞれ天使がついている。

そして翼や矢が与えられ好きなように使える。

その中からいずれ一番神にふさわしい人が選ばれるというのです。

明日は普通の幸せがほしいだけ。

でもそれにもお金は必要…。

そこでナツセが提案したのが叔父殺しでした。

なんと「天使の矢」にはもう一つ「白の矢」があり、
それで刺すと100%死に至らしめるというのです!

そのときテレビに映し出された芸人に天使が付いているのが写っていました。

彼は「赤の矢」を使い多くの女性タレントに手を出していました。

40P

そのことをテレビで公にしたため、他の神候補から「白の矢」で殺されてしまいます。

その犯人は、他の神候補12人を殺せば自動的に自分が神になれると考え、
架空のヒーロー“メトロポリマン”のスーツで身を隠し、他の神候補を誘き出し始めました。

49-50P

天使と一緒にいることは自分が神候補であることを晒しているも同然なので、
明日はナツセとは離れて高校に向かいました。

するとそこには別の天使が…

58-59P

なんと明日が密かに想いを寄せる咲の天使だったのです!

すると突然咲は明日に向かって「赤の矢」を打ちました…

01P

その理由は!?

 

▼「プラチナエンド」コミックス1巻の感想

コミックス1冊まるまるのあらすじを書いたら長くなってしまいました!

いかがでしたか?

まず、この設定、お二人らしいですよね。

「DEATH NOTE」の時もそうでしたが、設定が細かい!!

決して難しくはないですが、
かなり詳細に組まれているので、リアリティが増すんですよね。

最初は少し説明が多くて面白さより取扱説明書を読んでいるような気分になり、
まだワクワク感は少ないのですが、
読み進め、この「プラチナエンド」コミックス1巻読み終えるころには
すっかりハマっていました!

そして天使のナツセが超可愛い!

image

可愛すぎて、もしいつか実写化されたら女優さん選ぶの大変そう…

というまだ何の予定もない実写化のことまで考えてしまいました。

「DEATH NOTE」も実写化は無理と言われていたけどやりましたし、
「バグマン。」もやりましたから…

この二人の作品であれば映像化もあり得なくはないですよね。

でもこれまで以上に難しいと思われます。

天使の数も多いし、翼の描写、矢の描写も多いので、
日本のCG技術ではしょぼくなりそうで…

あんまり実写化にはしてほしくないですね。

明日(みらい)の人間味が誠実すぎて、
しょっぱなからこれは誰がどう見ても彼が神になるのが一番良いですよね。

ちょっとそこはつまんないかなとも。

でももしかしたらこれから、
翼と矢の力で明日も我を見失ってしまうこともあるのかも!?しれませんね!

 

▼本記事のまとめ

「プラチナエンド」の1巻のネタバレを書きましたが、
もっと続きが読みたくなりましたか?

私はもうすっかり虜になりました!!

まだ読んでいない方は、まだまだはじまったばかりなので
今からでもすぐに追いつけますよ~!