原作・大場つぐみ、作画・小畑健の最強タッグで描かれる
漫画「プラチナエンド」ですが、
現在は第6話まで進んでいますね!
前回は最新の第6話ネタバレをまとめたので、
今回はその感想を書いてみたいと思います!

 

image

 

  1. 「プラチナエンド」第6話のポイント
  2. 第6話の感想
  3. 第7話はこうなる!?大予想!

 

▼「プラチナエンド」第6話のポイント

ジャンプスクエア14巻に収録されている
「プラチナエンド」第6話のポイントを挙げるならば、
まずはメトロポリマンスーツを着てヒーロー気取りの男の極悪非道さですよね。

49-50P

 

中の人間についてはまだ詳しく触れられていませんが、
まだ高校生だから驚きです。

そして次のポイントは、ナツセの存在感

 

image

 

天使には階級がありますが、
さすが特級の天使です。

メトロポリマンに笑顔で宣戦布告してくるあたりが
肝が据わっているしカッコいいですよね。

それから最後のポイントは、
最後の最後に出てきた「謎の男」についてです。

 

image

 

次回第7話をひっぱる存在になると思いますが、
敵か味方か、思惑は何なのか、
気になるところなのです!

 

▼第6話の感想

それではもう少し詳しく感想を書いていきます!

「さて第2部始めるか」

という言葉ではじまる第6話。

 

image

 

残酷な殺人ショーなわけですが、
読んでいてとても気分が悪いです。

神候補だと名乗り出てしまった
イエローとちいちゃんが殺されてしまうわけですが、
ちいちゃんの殺され方がむごすぎます…。

これ、この球場に野次馬で来ていた一般観客には
ショックが大きすぎますよ。

こんなの目の前で見せられたら
精神的におかしくなるレベルです。

鎖でつながれたちいちゃんは逃げるすべはなく、
少女についた天使も一緒になって
命乞いさせられるシーンは見たくない場面です。

こんなことをして楽しんでいる
メトロポリマンは異常犯罪者ですね。

きっと天使の力を手に入れなくても
いつか犯罪おかすタイプですよ!!

っていうか、
そもそもなんでこんな男が神候補なんでしょうか?

 

そして思わず明日が少女を助けに動きそうになったとき、
余裕の笑顔を浮かべながら空高くに現れたナツセの神々しさよ…!

 

image

 

怒りの感情があるのか分かりませんが、
常に笑顔で余裕のある話し方をする
ナツセがいてくれると安心感があります!

ナツセはメトロポリマンと内緒話をするといいましたが、
内容は要は宣戦布告

 

image

 

そんなことわざわざ言って、
狙われちゃうじゃないか…!!

とハラハラするのは私だけでしょうか。

絶対明日を探し出してきますよ、メトロは。

さて今回ナツセの活躍によって
明日は出ていくことを思いとどまったし
無事帰宅することが出来ましたが、
その前に気になることを言っています。

「まだ 人間を殺して幸せになれるって思えない人だから」

な、ナツセちゃん??

明日が神になるころには
人間を殺しても何とも思わないような精神になってしまうのでしょうか…。

今は「殺せない」と断言しているので、
「DEATH NOTE」とは大違いですね!(笑)

 

bandicam 2015-10-02 16-00-36-045

 

そして突然現れた謎の男!

もし本当に味方だとしても
登場の仕方が怖すぎますよ!!

 

image

 

まぁ、どう登場されても疑いますけど、
その顔つき怪しすぎますって。

見た目、サラリーマンっぽいので
明日や咲より年上のようですし、
何かいい案を出してくれるといいですよね。

 

▼第7話はこうなる!?大予想!

これからどうなるか気になりますが、
きっとこの謎の男が引っ張ってくれるのだと思います。

男いわく、球場ですでに他の神候補を探していたみたいですし、
ゆえに明日と咲のことも見つけて追ってきたんですよね。

もしかしたらすでに他にも見つけているのでしょうか?

球場で見つけられたのは明日と咲だけだったのでしょうか。

第7話では、謎の男が加わったことで
他の神候補の協力者を見つけるストーリーになっていることが予想されます。

見つけた!

と思ったら、それがメトロポリマンだった…
なんてこと、ないですよね!?

宜しくお願いしますよー!